角膜上皮障害

カラコンのトラブルで多いのが、角膜上皮障害です。角膜上皮は角膜の一番外側にあり、目にゴミが入ったり目をこすったりした時に傷つくのが、角膜上皮です。カラコンでのトラブルも多いですが、角膜上皮は傷つきやすいものの、ダメージを受けた時の回復力も高いので本来であれば、それほど悪化する事はありません。

角膜上皮障害が起きる原因としては、カラコンを付けたまま寝てしまうことや目のカーブとレンズのカーブが合っていないこと、使用期限の切れたカラコンを使い続けるなどです。特に多いのが1dayカラコンを何度も使用する事です。見た目にはまだまだ使えそうに見えても、元々1回限りの使い捨て商品として作られているので、何度も使いまわすと耐久性がないためにカラコンが劣化してしまい、角膜に傷をつけます。

ケアを怠り不衛生な状態で使い続けた場合も、雑菌などが角膜を傷つけてしまい角膜上皮障害を起こします。角膜上皮は回復力も高いですが、負担がかかり続けると角膜の奥までダメージを与えてしまうので、症状が進行し、目に与えるダメージは想像以上に大きくなります。カラコンは使用期限を守り、清潔にして使う事が大切です。カラコンを装着する時や外す時は手をよく洗い、ケア用品も清潔にしておきます。