角膜腫瘍

カラコンによる目のトラブルで多いのが、角膜腫瘍です。角膜腫瘍は角膜上皮障害が進行した場合に起こる症状で、充血や激痛といった症状が出ます。角膜は何層かに分かれていますが、一番上の角膜上皮からさらに奥に進んだ状態で、瞳のあたりに潰瘍ができます。角膜上皮障害からさらに症状が進むと、角膜腫瘍となります。つまり症状が悪化しているという事です。

角膜腫瘍になるという事は、目にかかる負担も大きくなり、治療をしても視力障害が残る可能性があります。さらに症状が進めば角膜の奥に進行していき、最終的には角膜に穴が空き失明のリスクを高めます。

潰瘍ができるので充血や目やに以外に激痛もありますし、角膜が白く濁ったようになってきます。カラコンにも種類があって、正しく使っていれば角膜腫瘍になる事はほとんどありませんが、使用期限を過ぎても使い続けたり、ケアを怠り不衛生な状態のカラコンを使い続けたりすると、角膜上皮障害を起こし、直ぐに治療しないと角膜腫瘍に発展します。こうなるとかなりダメージが大きくなるので、視力が低下してから後悔しても後の祭りです。

海外の粗悪品のカラコンの中には、色素が溶け出す物もあります。色素が溶け出して角膜を傷つけ、角膜腫瘍になる可能性もあるので、粗悪品には手を出さないようにしましょう。