流行性角結膜炎

流行性角結膜炎もカラコンとラウルでは数が多い症状です。別名をはやり目とも言いますが、原因はウイルス感染です。流行性角結膜炎の原因となるのは、アデノウイルスで、充血や目やにが増え、涙がでたり、むくんだり、リンパ線が腫れる事もあります。

カラコンの使用期限を過ぎても使い続ける、ケアをきちんとしない、装着や外す時に手を洗わないなどが主な原因です。流行性角結膜炎でも治療をすれば治りますし、カラコンを正しく使えば流行性角結膜炎も予防できますが、流行性角結膜炎になると治りかけに、黒目に濁りがでたり、視力が低下したりというリスクが伴います。

流行性角結膜炎は治療して完治しても、後遺症としてドライアイになるリスクが高いので、ドライアイになるとカラコンを使えなくなる事もあります。結膜炎というとよく聞く症状という事もあり、軽視しがちですが、流行性角結膜炎でも目へのダメージは想像以上に大きく、リスクが伴うので、カラコンを正しく使う事が大切です。

治療には点眼薬を使いますが、その間はカラコンを使用しない方がいいので、医師の指示を守りきちんと治療する事を優先させましょう。感染力が高いので、タオルの使い回しをすると家族にも感染します。